新中日ビル 高さ170メートル[2018/12/07(Fri)20:00]

31階建て 24年度完成

 中日新聞社と子会社の中部日本ビルディング社は6日、名古屋・栄の「中部日本ビルディング(中日ビル)」の建て替え計画について、新ビルは高さ約170メートルで地上31階、地下4階、延べ床面積は11万3千平方メートルになると発表した。名駅地区に続き、栄地区でも高層ビルの時代が幕を開ける。2020年代半ばとしていた完成時期が24年度となることも明らかにした。
 計画によると、新ビルには新たな機能としてホテルが入居する。ほかに商業施設、貸しオフィス、多目的ホール、駐車場、地域冷暖房の熱源供給施設を設ける。
   〔12/7付中日新聞より〕

 ※昨夜(6日)、ユウスケからメールが届きました。それは“YAHOO”に「6日付朝日新聞に新中日ビルの内容が掲載された」というものでした。私はそれを目にした瞬間、「じゃあ、明日の中日新聞に載るネ!」と思いました。
 お客様から「新しい中日ビルはどんなビルになるの?」としょっちゅう尋ねられましたが、ウワサで色々な情報が入ってくるものの、あくまでウワサなのでお答えする事が出来ませんでした。これからはハッキリと答えることが出来ます。
  「170メートルの高層ビルで〜す!!」
               (ウワッ、高!!)

このサイトはフラッシュコンテンツを掲載しております。
ご覧になるためにはFlash Playerが必要です。

Copyright©2003 Riyou haru All rights reserved.