オーナーのつぶやき〔2017〕[2017/01/14(Sat)11:54]

※明けましておめでとうございます
※紙上名刺交換
※新春特別対談
※差別解消 法律を批判
※動物園1ヵ月ぶり「再開」
※寒気今冬一番
※第65回記念 南風展
※宗田理さん 市芸術特賞
※豊川稲荷
※テレビ塔
※日展東海展
※平野先生 叙位叙勲
※写真に見る福島の今
※中部経済新聞〔T〕
※中部経済新聞〔U〕
※中部経済新聞〔V〕
※ブロックの世界ようこそ レゴランド開園
※名古屋なんて、だいすき
※鶴瓶の家族に乾杯
※名古屋テレビ塔 新テナントの導入
※真央さん愛知県民栄誉賞
※河村氏が4選
※創業51年
※中日友の会 60周年で総会
※この1杯を待っていた
※本わさび 毛もツーン
※「120年に1度」咲いた
※格式高い廻船主の屋敷
※4代目女性理容師奮闘
※ベトナム有料道路の運営参入
※AEDを使用した心肺蘇生講習
※ブラタモリ
※岐阜にイジュウ!
※短時間に局地的豪雨
※「出張理美容車」で転落死
※白鵬39度目V 名古屋場所
※台風5号
※南極観測船ふじ理髪室「理容遺産」に認定
※中日ビル人生に彩り
※台風18号と暴風警報
※名古屋「英傑行列」中止
※台風21号
※名古屋好き スマホアプリで募集中
※老舗料亭 時代の波 〔街が変わる〕
※テレビ塔免震に新工法〔街が変わる〕
※熱田の歴史 歌舞で紹介
※平和の俳句
※伴大納言絵詞を復元
※無差別殺傷事件を想定 中日ビルで対応訓練
※み乃亀 名古屋せんべい
※荒木選手が防犯PR
※名古屋J1復帰
※丸栄閉店 来年6月にも
※名古屋城に二重の虹
※宮川大助さん
※寂聴さん不戦の思い

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
本年もどうぞ宜しくお願いいたします
       平成29年 元旦

紙上名刺交換

 「理容ハル」のお客様で新聞紙上にて新年のご挨拶をしてみえる方をご紹介します。
  〔中日新聞・中日スポーツより〕
  −中部地区ゴルフ場紙上名刺交換−
   ・鈴蘭高原カントリークラブ
     理事長  大島 宏彦  様
   ・中日カントリークラブ
     理事長  白井 文吾  様
   ・愛知カンツリー倶楽部
     理事長  小山  勇  様

  ・村上  実 様(保険相談センター代表取締役)

新春特別対談

 中日新聞(4日付)に特別企画「中日新聞130周年記念トップインタビュー」が掲載されました。
 大島寅夫さん(中日新聞社顧問)と左右田鑑穂さん(そうだかんすい・東建コーポレーション代表取締役)が中部エリア、名古屋の活性化、2017年の計などを語り合ったものです。

差別解消 法律を批判

 愛知地域人権連合など人権問題に取り組む3団体による新春の集いが6日夜、名古屋市中区のホテルであった。同連合の丹波正史代表(69)が、昨年12月に成立した「部落差別の解消の推進に関する法律」について報告し、「差別を助長する法律で許されない。実行不能に追い込みたい」と訴えた。
 丹波さんは、同和地区と呼ばれる場所に住んでいる半数以上が他の地区から移り住んだ人たちと指摘。「『部落差別』という概念が実態に合っていない。人権問題の一環として取り組んできたこれまでの流れと逆行するものができた」と批判した。
 関係者60人が出席。共産党の国会議員や県、名古屋市の担当幹部があいさつし、乾杯した。 (戸川祐馬)
   〔2017/01/07付中日新聞より〕

※丹波さんは白髪の紳士。3年前からパーマをかけるようになりました。最近はサイドだけUブロックに。オシャレな方です。
※国際結婚の時代の今、日本国内にはまだ部落差別があるのでしょうか?悲しい事です。
※連日、報道されるイジメ問題にも思わず耳をふさぎたくなります。

動物園1ヵ月ぶり「再開」

 鳥インフルエンザの発生で休園していた東山動植物園(名古屋市千種区)の動物園エリアが13日、34日ぶりに営業を再開し、冬季の平均的な人出の3倍前後となる 8,200人が訪れた。15日まで動植物園と、東山スカイタワーは入園無料となる。
     〔2017/01/14付中日新聞より〕

※動物園で鳥インフルエンザが発生する事は大変です。鳥の命には変わりは無いというものの、園内の鳥たちは貴重です。中には絶滅危惧種もいます。どれほどの被害だったのかは分かりませんが、再開されて良かったです。
※理容ハルのお客様で長く動物園に勤務してみえた井上さんがいます。井上さんが勤務していた時には鳥インフルエンザ騒動はなかったそうです。

寒気今冬一番

日本列島は14日、非常に強い寒気の影響で北日本から西日本までの日本海側を中心に今季一番の寒さとなり、広く雪となった。東海地方も同日午前、岐阜県や愛知県の広い範囲で雪となり、スリップ事故が相次いだほか、交通機関にも影響が出ている。名古屋地方気象台によると、三重県を含め東海地方は15日にかけて平地でも大雪が見込まれる。
  〔2017/01/14日付中日新聞夕刊より〕

第65回記念 南風展

 南区の洋画家小川博史さん(1913〜2010年)が創設した南風会の「第65回記念 南風展」(中日新聞社など後援)が栄の県美術館ギャラリーで開かれている。22日まで。入場無料。
 東海三県の会員らの油彩の人物画や風景画など63点が並ぶ。窓際に飾られた赤い彼岸花が印象的な作品や、南仏プロバンスの街並みを描いた作品がある。小川さんが約40年前にポルトガル・ナザレのサーカスの様子を描いた「ナザレのシルク」も特別に展示した。
 海辺の部屋で帽子を手にした女性を描いた豊田市の吉岡雄二さんの「人」が、最優秀賞に当たる小川博史記念賞に選ばれた。
 同会代表の青山誠一さん(67)=刈谷市=は「一点一点、真摯に取り組まれた作品を見てほしい」と話した。(日下浩樹)
    〔2017/01/19付中日新聞より〕
※小川先生が亡くなられて6年が経つんですね。先生に戴いた作品(エッチング)を店内に飾ってあります。
※県美術館は絵画展のラッシュです。「南風展」の他に「勤労者美術館」「自由美術展」そして「ゴッホとゴーギャン展」です。
 先日、「ゴッホとゴーギャン展」を観て来ました。私は美術には全くウトイ。入り口でイヤホンガイドを借りて鑑賞しました。時代背景やゴッホとゴーギャンの関係、日本の浮世絵の影響などが分かって良かったです。すぐに忘れてしまうでしょうが...
 「南風展」の開催を知っていたら、そちらにも足を伸ばしたのですが...

宗田理さん 市芸術特賞

 優れた芸術創造活動を長年続けてきた個人・団体に贈られる2016年度の名古屋市芸術特賞に、「ぼくらの七日間戦争」などの著作で知られる小説家の宗田理(そうだおさむ)さん(88)=東区=が決まった。継続的かつ将来の活躍が期待される奨励賞には、小唄の稲舟妙寿さん(74)=名東区=、美術・映画評論の大野左紀子さん(57)=瑞穂区出身、愛知室内オーケストラ(中区)が選ばれた。  (岩崎健太朗)
    〔2017/01/29付中日新聞より〕

※宗田先生には昨日ご来店いただきました。昨年の夏に「文化のみち二葉館」に於いて展覧会を開催されました。その時にNHKテレビに出演され、高名な小説家ということが分かりました。
※表彰式は2月1日、市役所にて行われます。
※アッ!そういえば2014年度の「名古屋市芸術特賞」は日本舞踊の右近(西川流)さんだったゾ!

豊川稲荷

 豊川稲荷の参拝にアイコ殿と出掛けました。アイコ殿は第一と第三木曜日の午前中、中日文化センターのパソコン教室です。教室を終えてから名鉄金山駅から豊川稲荷に向かいました。
 総門をくぐって進んで行くと、「アレッ!?どこに古札を納めるンダ!?」。いつもと様子が違いウロウロしていると、年配の女性が納所まで案内してくれました。いつも納めていた所は、年初めに臨時に設置されたものと教えられました。御真言を唱えて参拝、“大吉祥と大札”を買い求めました。
 門前のお店で“巻せんべい”をお土産に買います。「ふじや」で干支の置物を。ここの息子さんは有宏(ナオヒロ)と理容学校の同期生、二人ともまだ未婚、お互いになぐさめ合っています。昼食は“きしめんとみそ田楽”を。豊川で“きしめん”は初めて、大きな器にビックリです。
 そして三明寺(豊川弁財天)にも足を伸ばしました。ここでも「家内安全・商売繁盛」を願いました。しかし豊川の風の強さはハンパじゃない。道路際に立てられたノボリがちぎれんばかりにはためいていた。寒ゥッ...
              〔2/2〕
※“巻きせんべい”は白狐が口にくわえた巻物をかたどったせんべいです。小さく切ったものもあります。ついつい手が出て無くなるまで止まりません。

テレビ塔

 名古屋・栄のシンボルのテレビ塔では、今、「STAR LIGHT FANTASIA」が開催されています。昨年末に、テレビ塔のOさんから入場券をプレゼントされていました。
 豊川稲荷の参拝から店に帰って、お札を飾ってからテレビ塔に出掛けました。90mの展望台に昇ると名古屋の街の夜景が目に飛び込んできました。街の灯りを見ているとガラス窓に星屑が飛び散りました。しばらくすると星座が現れました。テレビ塔から見る夜景と星のイルミネーションのコラボでした。26日(日)まで開催です。
 中国人の観光客が大勢いました。家族連れやカップルと。名古屋のホテルに宿泊するとプランに入っているのかナ?

※テレビ塔から久屋大通り(南行き)を東に渡ったところのビルの2階にある美容室BLANCOの明かりが、ここ何日か消えています。チョット気になります。

日展東海展

 昨日、新聞をチラ見していたら「日展は12日まで」の文字が入ってきました。エッ12日まで!?残りあと2日です。中日ビル管理事務所の西山さんから招待券をプレゼントされていました。無駄になってしまうゾ。チョット焦りました。土曜日は全員出勤です。様子をみて出掛けようと決めました。
 今日は朝から雪模様。お客さんの足はイマイチです。それでも午後からは忙しくなりました。ひと段落して時計を見ると5時。コートを羽織って会場の愛知芸術文化センターに急ぎました。
 最終入場は5時30分です。かろうじて入場出来ました。展示の作品を一通り観て、遠くからもう一度眺める。気になる作品があるともう一度観る、の繰り返しで日本画・洋画・彫刻・書を鑑賞しました。時計を見ると6時5分前、「どうしょう明日もう一度出直そうか」と迷いながら工芸美術の会場の前に。受付の女性が満面の笑みで迎えてくれました。残り5分で工芸の鑑賞を終えました。作品と作者に申し訳ない気持ちと達成感と入り混じった妙な気持ちでした。
              〔02/11〕
※日展の鑑賞は久しぶりでした。以前は野々村先生(彫刻)や小川先生(洋画)に招待券をいただいていました。自分でチケットを買って観にいく程の美術力が私には具わって無い...

平野先生 叙位叙勲

 中日新聞の県内版に「叙位叙勲」の記事を見つけました。
「従五位瑞宝小綬賞 元県立知多高校長 平野利治氏(87)1月12日死去」とありました。
      〔2/11付中日新聞・県内版〕
※平野先生は、私の内海高校1年生の時の代数の担当の先生です。小・中・高の同級生の平野恒典クン(中・高では同じクラスにはならなかったけど...)のお兄さんです。昨秋、高校の同年会で恒典クンの顔を見た時に「先生、元気?」と聞くと「アア、ウン元気だよ」という返事でした。
※先生は理容ハルの隣の“中日郵趣センター”のお客様でした。15年位前に3年程、理容ハルも利用していただきました。
※知多高校の校長を務められた事は全然知らずにいました。
※同級生のHさんに新聞記事のことをメールすると「生きているうちに貰えた方がはるかに意味があると思うけど...」という返事。全く同感です。『叙位叙勲』って...
※私は高校に入学して間もない頃、クラスの世話役を仰せつかっていました。平野先生の代数の時間にミニテストがありましたが、ナント10問中正解は“0”。新しく習った公式が全く理解出来ていなかった。中3の時の数学の期末試験では満点を取ったこともあったのに...これがきっかけで私の高校での代数・幾何・物理・化学の成績はアワレナものとなりました。職員室に呼ばれたのは私と女子の世話役を務めていたKさんの2人だった...

写真に見る福島の今

 東日本大震災と福島第一原発事故で被災した福島県の復興の進捗を紹介する写真展「ふくしま復興のあゆみ」が27日、栄の中日ビル3階南側イベントホールで始まった。3月3日まで、入場無料。
 2014年3月に次いで2回目。被災当時の様子に加え、漁業や田植えの再開、常磐線の開通など4、復興状況が分かる写真パネル40枚を展示した。米の全量検査や、開通した常磐道の脇にある放射線量を知らせる看板からは、被災した県の中でも原発事故の影響が大きいことが伝わってくる。
 パネルは地元の福島民報社の作製したものを借りた。 
 福島県名古屋事務所の関場智彦所長(51)は「原発周辺では普通の生活を取り戻すには、まだ時間がかかる一方で、確実に復興も進んでいるところもある。福島の今の姿を知ってもらえれば」と来場を呼び掛けた。   (戸川祐馬)
     (2017/02/28付中日新聞より)

※写真展は3日(金)で終わります。仕事の切りのついたところで会場に急ぎました。順路に従って写真を見ました。被災の様子から復興の様子、慰霊の写真もありました。係りの方に聞くと、原発の放射能の線量は現在でも おびただしいものがあるそうです。一時も早い復興を願います。そして、また同じような災害に遭ったときには、先の教訓を生かして被害を最小限に止めることが出来ますように。  (3/2)

中部経済新聞

 東海地区に「中部経済新聞」があります。毎日、一面に東海地区の主に財界人のインタビュー記事が掲載されます。今週、お二人の理容ハルのお客様が載りましたのでご紹介します。

 ◇「時事雑感・ダブルネットワーク」
     宮池克人 様(中日本高速道路社長) 〔3/7付〕

・新東名高速道路の浜松いさなJCT〜豊田東JCTが開通し1年余り、並行する東名高速道路の慢性的な渋滞はほぼ解消、渋滞に起因する事故の減少。
・御殿場JCT以東の区間は、20年の首都圏中央連絡自動車道の海老名南JCTまでの全線開通を目ざして工事進行中。新名神高速道路は、新四日市JCTから亀山西の区間を18年度までに開通予定。
・これらの開通により、東京・名古屋・大阪の3大都市圏を結ぶ「ダブルネットワーク」が完成する。
・笹子トンネル事故の反省を踏まえ、日常の点検・補修の強化に加え、全国の老朽化した高速道路の「リニューアル工事」をスタート。

 ◇「民間連携ボランティア制度」 〔3/8付〕
 小澤祐司 様(JICA中部国際センター市民参加協力課)

・中小企業の海外人材育成にも活用出来る「民間連携ボランティア制度」についてのインタビューにお答えしています。

※人事異動のシーズンです。先日なにげなく新聞をながめていると覚えのあるお名前を見つけました。日本金属の新社長の下川康志さんです。日本金属名古屋営業所は中日ビルから広小路通りを渡った明治安田生命ビルにあります。下川さんにご利用していただいていました。
 昨年は住友理工の新社長に松井徹さんを。ご活躍をお祈りしています。
  

中部経済新聞〔U〕

 ―「直行直帰」で業務効率向上
        ケイティケイ、働き方改革加速―
 再生トナーカートリッジ販売のケイティケイは、働き方改革を推進する。営業担当者を対象に、取引先に直行して会社に戻らず帰宅する「直行直帰」を導入。全社一斉の定時退社日も月5日設定した。一連の取り組みで作業効率があがり、社員のモチベーションも向上。業績改善にもつながっているため、今後、残業の完全撤廃などさらに踏み込んだ改革に着手する考えだ。     (野村有希)
      〔2017/03/29付中部経済新聞より〕

※土岐社長は2015年6月に就任し、「モチベーションと業務効率の向上」を掲げ、働き方改革に着手し効果を上げたと同紙にありました。
※理容ハルはケイティケイにHPの製作と管理を依頼しています。HPは10年以上も前に製作したのもなのでチョットダサイ感じがしますが、見やすいのでこれでいいかと思っています。
※土岐社長には15年の12月よりご来店いただくようになりました。最初、ケイティケイの社長とは分からずにいました。社長も理容ハルが取引先とは知らなかったようです。
     

中部経済新聞〔V〕

 昨年の10月1日より中部経済新聞に「ディリーイノベーション・偕行会35年の足跡」が2017年3月31日まで連載されました。連載が始まった頃、偕行会会長の川原弘久さんに掲載の話をすると「半年間の連載だよ」と。「エッ、半年間もですか?」とのやり取りがありました。
 最終回はご家族の事が書かれてありました。でも最終回とは気がつかずに翌日も記事を探しましたがいつものページに見つかりません。アレッと思いながら前日に切り取った記事を見ると文末に(完)とありました。“ようやく”というか“やっと”というかの思いです。

ブロックの世界ようこそ・レゴランド「快適」開園

 名古屋市港区金城ふ頭で1日、世界的玩具メーカーの屋外テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が開業した。国内で初めて。雨の影響からか、入場制限が必要な大混雑はなく、入園者は「快適に楽しめた」などと語った。
   〔2017/04/02付中日新聞より〕

名古屋なんて、だいすき

 全国8大都市の中で「最も魅力に欠ける都市と見られている」との調査結果が出た名古屋市は3日、全国に魅力をPRするキャッチコピーに「名古屋なんて、だいすき」が決まったと発表した。ロゴマークを作成し、観光ポスターやウェブサイトで今後4年間活用していく。
 学識経験者やタレント、月刊誌編集者らが公募で寄せられた3386点の中から、三重県在住で南山大経済学部4年、石田温香(いしだはるか・21)の作品を選んだ。市の担当者は「市民の等身大な気持ちを表している」と満足そうに話した。
 同市は昨年6月、8都市の住民に実施した調査で、「最も魅力に感じる都市は」「買い物や遊びで訪問したいか」の問いで名古屋は最下位となった。その後の市民アンケートでも回答者の8割以上が最下位を「当然」「仕方ない」と答えた。このため、通過点ではなく目的地となる街に向け、都市ブランドイメージ向上に努めている。
   〔2017/04/04付中日新聞より〕

※「名古屋なんて、だいすき」の見出しを目にした時、「エッ、何これ?」と思い、記事を読むと名古屋市のPRコピーと分かりました。
「名古屋なんて、だいすき」???
ウウ〜ンなんていいPRコピーダ!! 思わずうなりました。
※名古屋市民はヨソからなんと言われようと住み心地は一番と思っています。だから最下位を「当然」「仕方ない」と答えるのです。
※先日、「レゴランド・ジャパン」が開園しました。新しい名所となるでしょうか。
※名古屋の名所といえば名古屋城・熱田神宮・東山動植物園・徳川美術館など、最近では名古屋港水族館・トヨタ産業技術記念館が人気を集めています。

鶴瓶の家族に乾杯

 NHKテレビの人気番組の『鶴瓶の家族に乾杯』、4月3日(月)の放送は、4月から始まった朝ドラ『ひよっこ』の舞台の茨城県水戸市で、ゲストは沢村一樹さんでした。
番組の後半で鶴瓶さんが訪れたのは美容室「CUT BANK CORE」でした。そこで鶴瓶さんが受けたのが“パミロール・ヘアエステ”です。(理容ハルも導入しています) パミロールのヘアトニックを塗布してヘッドマッサージを行い、専用のシャンプーで洗髪するものです。鶴瓶さんは余りの気持ち良さに深い眠りに陥っていました。

 昨年の9月26日の放送は、石川県宝達志水町が舞台で、ゲストは奥田瑛二さんでした。奥田さんは通りがかりの理容店に入り込みました。跡取り息子と問答しているうちに、ナント息子が彼女に“ビックリ仰天プロポーズ”をしたのです。私は思わず「ワオッ!」と叫んだのを覚えています。
 理美容室にはテレビカメラが入りやすい要素があるのでしょうか?

名古屋テレビ塔 新テナントの導入

 名古屋テレビ塔(本社名古屋市中区錦、大澤和宏社長)は、テレビ塔の未使用フロア(2、3階)に集客テナントを導入する。既存の展望台、飲食店に新たなテナントを加え、誘客を強化する。新テナントは耐震工事を終え営業再開する2020年に開業する計画。名古屋のシンボルであるテレビ塔の魅力を高め、久屋大通一帯に活気をもたらしたい考えだ。
    〔中部経済新聞より〕

※オッ、テレビ塔でテナント募集!! 2020年開業!?アアッ、1年遅いナァ 間が空いちゃうナァ...テナント料は高いだろうナァ...
※先日も お声を掛けていただいた所がありました。2019年の1月まで中日ビルで営業するので今、移転するのはチョット早いのです。とても有りがたい事ですがもう少し様子を見ています...

真央さん愛知県民栄誉賞

 愛知県は、県民栄誉賞を創設し、第1号として、引退した元フィギュアスケート選手の浅田真央さん(26)=名古屋市出身=に贈ることを決めた。
 スポーツの枠にとどまらず、ひたむきな努力と明るい笑顔で「夢と希望、活力」を県民に与え続けた栄誉をたたえる。大村秀明知事が24日午前の会見で表彰を公表する。
   〔2017/04/23付中日新聞より〕

河村氏が4選 〔名古屋市長選〕

 名古屋市長選は23日投開票され、いずれも無所属で、現職の河村たかし氏(68)=減税日本推薦=が、前副市長で弁護士の岩城正光(いわきまさてる)氏(62)と、元会社員の太田敏光氏(68)の新人2人を大差で破り、当選を決めた。市議会解散請求(リコール)に伴う1期目途中の辞職、出直し選を含め4回目の当選となり、河村市政は3期目に入る。
   〔2017/04/24付中日新聞より〕

※出勤前の午前9時すぎにアイコ殿と投票所の西味ま小学校に出掛けました。投票所に入ると、エッ!私達の他に投票に来た人がいません。私達の後に何人か入って来ましたが...
 投票率は36.90%で4年前の前回を2.45ポイント下回った。
 女性が選挙権を得たのは戦後の事です。選挙権は義務じゃない、権利です!!
※昨年の米大統領選挙戦は全くガッカリしました。相手のあら捜しばっかりで。もっと政策で争えヨ!!
※鎌倉さ〜ん、我が家に届いた減税日本からのハガキは18年も前に亡くなった父宛ですよ。何年前のリストを使っているんですかぁ???

創業51周年

 理容ハルは昭和41年4月29日、中日ビル3Fにて開業いたしました。本日で満51周年を迎えました。昨年の秋、中日ビルの建て替えの発表がありました。2019年1月末日までここ中日ビルで営業いたします。その後は、まだ未定ではありますが、近くに移転先を探して営業したいと考えています。
 今後共ご愛顧の程 宜しくお願いいたします。

          4月29日 理容ハル 中村節男

中日友の会60周年で総会

 「中日くらしの友の会」創立60周年を記念した、スポーツキャスターでシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんによるトークショーが9日、名古屋市中区の中日新聞社であり、会員ら約300人が聞き入った。
 同会は、中日新聞生活面に掲載している「くらしの作文」の投稿らが1957(昭和32)年に結成した。講演の題は「人生の金メダル目指して」で、高橋さんは現役時代の裏話や引退後の社会貢献の取り組みを披露した。
 2009年から続ける「スマイル・アフリカ・プロジェクト」では、履けなくなった靴を募り、ケニアのスラム街などの子どもへ寄贈。スラム街に陸上クラブが誕生したり、走る場所を確保するためごみを片付ける活動が始まったりと地域が変わったという。
 高校時代の恩師に贈られ、励みにしてきた言葉「何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」も紹介。「マラソンでは金メダルを取ったが、人生はまだまだ。金メダルのような人生を送ったねと言われるよう努力したい」と話した。
 講演に先立ち第61回総会があり、小出宜昭社長が「十千十二支も60でちょうどひとまわり。非常にめでたい」と会の還暦を祝った。
    〔2019/05/10付中日新聞より〕

※私が「くらしの友の会」に加入してから5回目の総会です。毎回遅刻をしているので、今回は遅れる訳にはいきません。中日ビルの前でタクシーを拾い新聞社に向かいました。つばめタクシーの逢生(ほうじょう)さん、静岡県出身で今日がデビューして二日目だと。なかなかナビをセットせずにチョピリ焦ったけれど無事に新聞社に到着しました。
 創立60周年という事で、いつもより先輩の女性の姿が多いように感じました。
 会場では記念の単行本「くらしの作文」を販売していました。もちろん買い求めました。隣の席の北支部の伊藤さんから「お義母さんの作文が載っている」と教えられました。
 新役員でK.伊藤さんが紹介されました。たまたまK. 伊藤さんは私のすぐ近くの席でしたので、戻って来た時に月刊新聞「くらしの友」の短歌のページを見せて「この短歌は伊藤さんですか?」と「そうですヨ」との返事。ウワッ!私は大変な間違いをしていました。「くらしの友」が届くと北支部の会員の活躍が載っていないかをチェックしていました。短歌のページに伊藤さんの名前を見つけて、ず〜と北支部の伊藤さんと思い込んでいたのです。(ア〜ア)
 午後の講演は高橋尚子さんがゲストでした。東海テレビの庄野アナウンサーのインタビュー形式で進む予定でした。が、Qちゃんの口の達者な事。ドンドン話を進めていって庄野さんが困っていました。マラソン競技の減量はボクシングのそれより厳しい事や、引退後のボランティア活動などとても興味深いものがありました。私は、若くしての国民栄誉賞受賞は大変な重荷ではないかと思っていましたが、Qちゃんには何のプレッシャーも感じていないように感じました。(スゴイ!!)

この1杯を待っていた

 名古屋・栄の中日ビルガーデンが12日、オープンした。名古屋市の最高気温が今季最高の28.9度となったこの日、日中の暑さに誘われてやって来た幅広い年代の人たちでにぎわった。
 今年で52年目の営業で、名古屋の屋上ビアガーデンでは最も古い。地下鉄栄駅に直結した便利さやテレビ塔などの夜景を間近に楽しめるのが売りだ。
 中日ビルは建て替えのため、2019年3月末で閉館する。ビアガーデンの営業は今年と来年のあと2回。
 営業は9月17日まで
    〔2017/05/13日付中日新聞より〕

本わさび 毛もツーン

 業務用わさび最大手の金印(名古屋市)が、日本原産の香辛野菜「本わさび」に含まれる成分がヒトの育毛を促すメカニズムを初めて解明した。東京で24日に開幕する国際食品素材・添加物会議「アイフィア・ジャパン」で発表する。
 本わさびの葉から、アンチエイジングに効果があるポリフェノールの一種である「イソサポナリン」と呼ばれる成分を抽出。ヒトの頭皮の毛根にあり、発毛に関する物質伝達をつかさどる「毛乳頭細胞」にイソサポナリンを加えて培養すると、細胞が活性化する効果が観察された。活性化の度合いは、市販の育毛剤の有効成分に使われる「ミノキシジル」を加えた場合の3倍に達した。
   〔2017/05/15日付中日新聞より〕

※オッ、ミノキシジルの3倍の効果!!ミノキシジルは副作用が怖い。本わさびの成分で育毛の効果があって、副作用も無いとあればとてもうれしいニュースです。待ち遠しい!!

「120年に1度」咲いた

 ―スズタケ、奥三河一帯で― 
 設楽町から豊根村にかけての奥三河の広い範囲で、ササの一種「スズタケ」が開花している。
 スズタケの開花は昨年5月、設楽町田峯の段戸国有林で初めて確認された。範囲は5000ヘクタールの国有林のほぼ全域に及び、森林総合研究所(本所・茨城県つくば市)の専門家による現地調査が行われた。
 同研究所によると、スズタケの個々の花はいったん咲くと、次に開花するのは120年後という。開花すると、実を付けて枯死する。この実を餌にネズミが異常繁殖し、植えて間もないスギやヒノキの苗を食い荒らすなど、被害をもたらす恐れがあるとされる。
 林野庁愛知森林管理事務所(新城市)の日置順昭・森林技術指導官によると、開花しても実を付けなかったササは次の年も花を咲かせることがあるという。今後も開花状況や森林への影響について調査を続ける。  (鈴木泰彦)
   〔2017/05/17付中日新聞・県内版より〕

※奥三河から珍しい便りが届きました。送り主の鈴木さんは、中日劇場・中日文化センターを担当している中日新聞社・文化芸能局の局長でした。6年ほど前に故郷の奥三河にお帰りになってから、時折便りを届けてくれています。

格式高い廻船主の屋敷

 国の重要文化財(重文)に指定される南知多町内海の旧内田家住宅は、江戸時代後期から明治時代初期にかけて廻船業で栄えた内海地区を代表する大船主の家屋。江戸から瀬戸内地方まで太平洋側の広い範囲を大型の荷船で航海し、積み荷を売買して繁栄した。  (大槻宮子)
   〔2017/05/20付中日新聞・県内版より〕

※内田家のお屋敷の記事が載っているゾ!と思いながら記事をよく読んでみると、ナント「旧内田家住宅が国の重要文化財に指定される」という内容でした。(スゴイ!!)
※私の父は、終戦の年の春先に内海・西端で理髪店を開業しましたが、4代目のお世話で成し遂げることが出来ました。
※6代目にあたる内田さんにごひいきにしていただいています。内田さんおめでとうございます。
※中日新聞社の大島最高顧問にご来店いただきました。内田家のニュースを伝えるともちろんご存知でした。大島さんと内田さんは名古屋の名門・旭丘高校の同級生との事です。

4代目女性理容師奮闘

 中区千代田3に、名古屋市内では珍しく親子4代続く理容店がある。1909(明治42)年創業の「ヘアサロンセピア」。現在は4代目の川路保子さん(41)が夫の信之さん(41)とともに店を切り盛りする。父の意志えお引き継ぐ店は、今日も幅広い年代の客でにぎわっている。
   〔2017/05/27付中日新聞・市民版より〕

※先代の卓一さんは中支部長を務められました。当時、私はずい分と目を掛けていただきました。経営で悩んでいる時に励ましていただきました。
 以前、吉永小百合の主演映画を見に行った時、卓一先生と映画館でバッタリお会いしました。映画鑑賞が趣味とお聞きしました。
※保子さんは県教育部講師を務めています。またご主人の信之さんは中支部の役員を務めています。今後も活躍が期待されます。きっと理容業界を盛り上げてくれるでしょう。

ベトナム有料道路の運営参入

 中日本高速道路(名古屋市)は4日、ベトナムの建設大手などと、同国の有料道路運営に関する提携協定を結んだ。中日本高速が海外の道路運営に乗り出すのは初めて。道路保守修繕や料金所の運営などでノウハウを生かし、将来はベトナムの高速道路整備にも関わることを目指す。
    〔2017/06/05付中日新聞より〕

※東日本高速道路はインドと、西日本高速道路はインドネシアとすでに高速道路運営に乗り出していると記事にありました。
※宮池社長は、中部電力の副社長時よりマスコミに登場する事が多い!
※今、名古屋では中電はガスを、東邦ガスが電気を取り扱うようになり、顧客の獲得競争の激しさが増しています。その事を宮池さんに話すと「以前から原油は共同で買っているヨ」と教えられました。じゃあライバル会社じゃないじゃないか。(意味わからん)

AEDを使用した心肺蘇生講習

 理容組合中支部では「AEDを使用した心肺蘇生講習」を6月22日(木)午後9時より大須のヘアサロンKATO(カトウ)にて開催しました。AED取扱会社の社員に機器の説明をしていただきました。

 私には苦い経験があります。3年ほど前の秋、高校の同級生での一泊のバス旅行での事、飛騨・平湯温泉のホテルに宿泊しました。朝風呂に行きましたが、北川クンは「オレ、止めてくワ」と。風呂から帰ると彼は熟睡?でした。朝食には少し時間があったのでそのままにしておきました。しばらくして「オイ、朝メシに行くゾ!」と声をかけると返答がありません。焦って布団をめくると唇が紫色に、脈をとってもありません。友はフロントに「AEDと救急車の手配」を電話で要請。私は見よう見まねの心臓マッサージを。何人かが交代でマッサージをしました。女性陣は名前を呼びながら、涙を流しながらのマッサージでした。フロントが到着しAEDをセットすると、「電気ショックは必要ありません、心臓マッサージを」のメッセージの繰り返しです。救急車は彼の胸元に、心臓をマッサージする筒のような器機を取り付けて、病院に急ぎました。バスの出発時間を1時間遅らせ、警察は事件性は無いだろうとの判断で一緒に帰る事を許可してくれました。私は、「風呂から帰ったら直ぐ起こせば良かっただろうか?」などと色々な思いが駆け巡りました。「幸せダワ!?」と口にして自分を納得させバスの席に腰を下ろしました。病院からの連絡は「1時間以上手を尽くしたけどダメだった」と。北川クンは帰らぬ人に。帰りのバスはお通夜そのものでした。

 講習では、マッサージでの手の置く位置と手の組み方、マッサージの強さと速さなどを体験しました。

※事件の後、電気ショックが有効なのは心臓が痙攣状態の時
で、完全に止まってしまった場合は戻って来る事は難しいと知りました。
※講習で得た知識が役に立たない事を望みます。

ブラタモリ

―中経手帖―
 NHKの人気番組「ブラタモリ」。
今月10、17日についに名古屋編を放送した。タモリといえば、かつて名古屋の天敵≠ネどといわれたが、放送の冒頭では見事な名古屋弁を披露。さすが全国区の有名人らしく如才ない面を見せた▼タモリら一行が訪れたのは、初回が名古屋城。2回目が熱田神宮とその近辺。神宮では、戦国の三英傑・信長、秀吉、家康の文書を並べて紹介し、その歴史の奥行きの深さを教えてくれた▼番組では、家康と名古屋の密接な関わりをわかりやすく解説。名古屋城の広大な曲輪(くるわ)には、後世に有効活用できる都市空間の役目があり、平和になった時代を見据えて作ったものという。家康の綿密な都市計画に、江戸幕府が200年以上続いたのも、もっともな気がした。
     〔6/22付中部経済新聞より〕

―目耳録―
 NHKの人気番組「ブラタモリ」の初の名古屋編が放送された。かつて名古屋弁をちやかしたタモリさんが来た驚きもあり、名古屋地区の視聴率は番組史上最高を記録して地元の関心を裏付けた。
 うれしそうに名古屋弁を話すタモリさんの姿に、今では聞かれない名古屋弁の「上町言葉」を思い出した人もいた。子どものころ聞いて育った鬼頭良子さん(80)=名古屋市中川区=は「この言葉でタモリさんを迎えたかった」と悔しがる。
 タモリさんのまねで有名になった「下町言葉」とは語尾や言葉遣いが違って、柔らかい響を持つ。「私より下の世代で覚えている人はいないでしょうね」と鬼頭さん。
 「記憶は消せないもんです。土地が覚えている」とは、番組中のタモリさんの弁だ。タモリさんの力で、もう1つの名古屋弁がよみがえらないだろうか。 (南拡大朗)
  〔2017/06/24付中日新聞・夕刊より〕

※「ブラタモリ」が名古屋に来る、というので取材の翌日、中日新聞には取材の様子・放送日などが掲載されました。
※放送関係のお客さんによると、タモリに名古屋弁をレクチャーしたのはAさん(もちろん名古屋出身)。Aさんは「まさかタモリが放送で、あのように名古屋弁を取り扱うとは思いもよらなかった」そうです。更にその当時、東京で生活してた名古屋人はツライ思いをしたとか...
※「目耳録」にある名古屋上町言葉は、日本三大美方言の1つですが「やっとかめ(八十日目)だなも」など今では全く聞くことはありません。「目耳録」の筆者のように上町言葉がよみがえる事を期待します。
※放送の名古屋城・熱田台地は私の知らない事が一杯。とてもためになりました。
 

岐阜にイジュー!

 メーテレ(名古屋テレビ)でドラマ『岐阜にイジュー』が4月24日(月)深夜より10回にわたって放送されました。加茂郡白川町を舞台に、アラサーの女性2人が白川町に移住を試みる内容です。
 白川町はアイコ殿の在所(郷里)です。第1話はタイトルが「白川郷じゃないよ、白川町だよ」でした。私もアイコ殿と知り合った時、「白川?白川郷だよね?」と聞いたことは今でも覚えています。
 ドラマは、白川町をうまく紹介しながら展開していきました。そして最終回は水戸野(みどの)地区の“しだれ桜”を愛でる住民達が写し出されて終了しました。その住民の中に缶ビールを片手にご機嫌な義兄の顔がありました。

※アイコ殿の実家の裏には、清流白川(飛騨川の支流)が流れています。シーズンになると鮎の釣り人でにぎわいます。私も2、3度釣り糸をたらした事がありますが、1度もかけた事はありません。海で育った私には鮎のかかった感触は分かりません!だってもう、かかっているじゃあないですか!?
※私の在所の内海では、実家や故郷・出身地を「在所」と言っていました。
※故郷が海と山の私達です。

短時間に局地的豪雨

 愛知、岐阜両県では14日、大気の状態が不安定となり、局地的な大雨に見舞われた。愛知県の犬山市と小牧市で午前10時40分までの1時間に120ミリの雨量を観測し、犬山市が市内全域に一時、避難指示を出した。同県の江南市と大口町で五条川が氾濫するなど、広範囲で家屋の浸水や道路の冠水が起きた。
    〔2017/07/15日中日新聞より〕

※14日昼前、ラジオは「犬山、小牧で大雨」と何度も何度も放送していました。CHK(中部ヘアでデザイナー協会)のメンバーの“二人の鈴木さん”の奥さん方の実家が五条川の近くです。メールで安否を尋ねましたが無事との返信メールが届きました。
※閉店後、オアシス21(バスターミナル)に向かう昇りのエスカレーター(屋根付き)に乗ると急に大雨が降りだしました。思わず傘を差しました。こんな事初めてです。傘を持っていない女の子が悲鳴を上げていました。
※帰宅してテレビのスイッチを入れると、全国向けのニュースで、名古屋市内の雨の様子を取り上げていました。そして腰まで水に浸かって道路を歩く女性が映りました。

「出帳理美容車」で転落死

 愛知県東郷町の特別養護老人ホーム「愛厚ホーム東郷苑」で6月、車いすの男性=当時(67)=が「出帳理美容」の専用車に乗る際、車の後部に付いた自動昇降機(リフト)から転落して死亡していたことが分かった。県警は業務上過失致死の疑いがあるとみて調べている。
  〔2017/07/21付中日新聞・夕刊より〕

※ミスには、許されるミスと許されないミスがあるんですよね...ゥウ〜ン...

白鵬39度目V 名古屋場所

 大相撲名古屋場所千秋楽の23日、横綱白鵬(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=は横綱日馬富士に勝って14勝1敗とし、自身の最多記録を更新する39度目の優勝を果たした。夏場所に続く連覇。
 今場所の白鵬は、9日目には千代の富士(先代九重親方、故人)が残した横綱最多の通算1045勝に到達。13日目に大関魁皇(現浅香山親方)を抜く史上最多の1048勝目を挙げた。大記録に花を添え、秋場所では次の大台となる40度目の優勝に挑む。
    〔2017/7/24付中日新聞より〕

※相撲人気がスゴイ!名古屋場所のチケットの売れ行きは上々でした。それは稀勢の里に負うところが大きい。でもその稀勢の里が先場所に続いて休場。先々場所に負ったケガが完治していないのでしょう。ここはキチンと治してから復帰すべきでしょう。
※優勝した白鵬がその夜、NHKのサンデースポーツに生出演していました。優勝の他、2つの大記録を達成して嬉しい事が3つもあったと喜びを語っていました。受けて立つ横綱相撲については、1場所でせいぜい3日くらいしか出来ないと。今の相撲はスピードがあるからでしょう。
※今年も場所前に八角理事長にご来店いただきました。私が初めて担当しました。肩のマッサージの時に、以前、東大出のプロ野球投手の井出さんの現役時の肩はお餅のように軟らかだった事、サブマリン山田さんの右肩にはピンポン玉より少し大きめの力こぶがあった事などをお話しました。(山田さんは坂本先生のお店の常連さんです。) 八角親方の肩はスケールが違います。デッカイ!!
※呼び出しの次郎さんは、ここの所私の休みの時ばかりのご来店で、お顔を見ていません。残念。

台風5号

 昨日(7日)台風5号が東海地方を進み、各地に被害をもたらしました。

 その影響で「中日ビルタウン」は臨時休業いたしました。「理容ハル」は以前より、ご予約いただいていたお客様はもちろんの事、お電話いただいたお客様を通用口よりご案内して、施術にあたらせていただきました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。
 「理容ハル」が所属する「協同組合中日ビルタウン」では、数年前より台風等で暴風警報が発令された時、営業に関するルールを作りました。それは「暴風警報が発令された2時間後に閉店する」というものです。昨日のように午前8時に警報が出ていた場合10時の開店は様子を見、12時時点で解除にならなかった場合、その日は休業となります。昨日の3時の時点では空は青空、広小路通りのイチョウの葉は全く動いていませんでした。最近、警報の発令が早すぎます。そして過去、台風が通過した翌日、空は青空にもかかわらず暴風警報が解除されなくて休業になった事もあります。(台風通過後の吹き返しは当たり前でしょう!)
 実はこのルール、名古屋市の小中学校が児童・生徒が安全に登下校できるために作られた規則を参考にしたものです。私は以前、協同組合に対し強烈な抗議をしました。理事長は組合員にアンケートを取ったり、臨時会議を開いたりなどの措置をしてくれました。私の意見に同意していただいた組合員も大勢いましたが結局、変更とはなりませんでした。

 誰のための営業でしょう?
 何のための営業でしょう?

 どなたか「協同組合中日ビルタウン」にルールの変更を求める意見をお寄せいただけないでしょうか。(泣)

 朝、自宅を出る時、テレビは新潟県の川の増水の様子を映し出していました。
 被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
             
                      (8/8)

南極観測船ふじ理髪室「理容遺産」に認定

 名古屋港ガーデンふ頭(港区)に船の博物館として展示されている「南極観測船ふじ」。その内容で保存されている理髪室が、理容師の全国団体「全国理容生活衛生同業組合連合会」(東京)の「理容遺産」に認定された。当時の船内の様子を今に伝えている点が評価された。
  〔2017/08/29付中日新聞・市民版より〕

※「理容遺産」の制度が出来て、犬山の明治村に保存されている理髪店に続いて、愛知県に保存されている理髪店が二施設となりました。まだ明治村にも足を運んでいません。是非、近いうちに両方の施設を見学したいと思っています。

中日ビル 人生に彩り

 建て替えのため2019年3月末に閉館する名古屋・栄の中日ビルに、来館者の思い出を張り出すコーナーが設けられている。開館から51年。幼少期や青春の記憶が詰まったメッセージが、感謝の言葉とともに寄せられている。
    〔2017/9/4付中日新聞・夕刊より〕

台風18号と暴風警報

 台風18号が九州に上陸した17日午後1時20分頃、名古屋地方に“暴風警報”が発令されました。中日ビルタウンは規則通りその2時間後に閉店となりました。窓から広小路通りのイチョウの葉っぱはジィッとしています。理容ハルはすべてのお客様がお帰りになった5時に閉店しました。
お客様には大変ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。
 5時現在、イチョウの葉っぱはジィッとしています。帰宅してテレビを見ていると、各地の被害の映像が写し出されていました。午後9時、急に風が吹き出してガラス窓が揺れました。暴風警報が発令されてから6時間以上も経ってから暴風域に入りました。その後、台風の進路は北陸方面に向かい名古屋では大きな被害はありませんでした。
 協同組合中日ビルタウンの理事のみなさんに規則の変更をお願いします。
  各地で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

名古屋「英傑行列」中止

 名古屋市中心部で21、22両日に予定されていた「第63回名古屋まつり」は、台風21号の接近に伴い、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康役らによる「郷土英傑行列」を両日とも中止した。久屋大通公園など各会場の催しは21日は行うが、22日は中止する。
 郷土英傑行列が二日間とも中止となるのは、29年ぶり3回目。1959年は伊勢湾台風の影響で、88年は昭和天皇の病状悪化を考慮し、それぞれ中止した。
     〔10/21付中日新聞・夕刊より〕

※先日、内海高校の同級生の樋口クン(名東区在住)から、「22日に、名古屋祭り子どもみこしパレードで中日ビルの前を通る」と連絡があり楽しみにしていたのに残念!!
 毎年、英傑行列は栄町の交差点から広小路通りを東には来ないけど、子どもパレードは東新町に向かって中日ビルの前を通ります。いつも店の窓からながめています。
※台風21号の進路が、伊勢湾台風の進路と似ているとか。 被害が出ませんように...
※中日ビルタウンの営業に影響が出そうです。
※20日(金)にはテレビ塔で開催されている『SKY THEATER 氷の塔の眠り姫』を観て来ました。映像を使ってのショーがオモシロかった。22日(日)まで。

台風21号

 台風21号の接近に伴い中日ビルタウンの営業に影響がありました。
 昨日(22日)は午後5時30分に閉店いたしました。
 本日(23日)は11時30分に開店いたしました。

 ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

※台風の進路が予想よりわずかに南を進んだため、名古屋地方にとっては被害が少なくてすみました。庄内川も河川敷のゴルフ場までは増水していませんでした。(バンカーは池に姿を変えていましたが...)それでも知多半島の南部、三河地方では被害がありました。
 不思議な事に台風の上陸前に関西、三重あたりの被害が報道されていました。関東では通勤時間と台風接近が重なり影響が出ていたようです。
※以前、台風通過の翌日、風が止み青空が見えているにもかかわらず名古屋地方の暴風警報が解除されず、ネットでかなり批判の声が上がっていました。今回の台風での警報の発令と解除のタイミングは適切でした。(カナ?)
    被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

名古屋好き スマホアプリで募集中

 全国主要8都市で「最も魅力に欠ける都市」の返上を目指し、名古屋市はスマートフォンのアプリを開発し、名古屋好きのサポーターの募集を始めた。
 アプリ名は、市のキャッチコピーと同じ「名古屋なんて、だいすき」。年代や居住地、ニックネームを入力してサポーターに登録し、名古屋の好きな場所やなごやめしなどの写真を投稿。写真をサポーター同士で評価し合ったり、コメントを送ったり出来る。
 ポイントによって「ちょこっとサポーター」から「ときんときん(感度が高い)サポーター」まで4段階のランクがある。アプリを開いたり、写真を投稿したりするとポイントが加算される。
 市は2020年までにサポータを1万人に増やす目標を掲げる。担当者は「知らない名古屋の魅力を紹介し合い、愛着が高まるきっかけになってほしい」と話している。
      〔10/26付中日新聞より〕

老舗料亭 時代の波〔街が変わる〕

 名古屋・栄の繁華街のありながら、日本庭園を望める料亭として日本庭園を望める料亭として、財界人らに愛されてきた老舗「蔦茂(つたも)」が来春、現在の店舗を閉じることが分かった。近くのビルに移転して営業を続けるが、創業百年を超える伝統的な風情を残した料亭が一角から姿を消すことになり、長年の常連客から惜しむ声も聞かれる。(河原広明)
       〔10/26日付中日新聞より〕

※名古屋はここ数年、駅前のビルの建て替え、新しいビルの完成が相次ぎ、人の流れが栄から駅前に移ったといわれています。
 昨年、中日ビルの建て替えが発表され、つい先日は、丸栄百貨店のデパートから専門店ビルへのチェンジの構想の発表があり、ようやく栄地区の再開発が動き出したようです。中日新聞では「街が変わる/動き出す栄」のタイトルでその模様を掲載するようです。
※蔦茂の社長は、理容ハルのスタッフ(安江)が以前勤めていた“セントラル理容”のお客様でした。“セントラル理容”閉店後、一時 理容ハルもご利用していただいた事があります。
※娘の仁美が中日文化センターの料理教室に勤めていた頃、講師をしてみえました。亡き父の喜寿の祝いを蔦茂で開きました。
 

テレビ塔免震に新工法〔街が変わる〕

 日本初の電波塔として建てられた名古屋・栄の「名古屋テレビ塔」が、老朽化に伴う免震工事で、大阪の通天閣で採用された新工法の導入を検討していることが分かった。工事費用は当初想定した20億円の半分以下に抑えられる見通し。補助金に頼らず、民間資金による自力改修を目指す。
        〔10/26付中日新聞より〕
 完成から60年以上がたち、老朽化の課題に直面する名古屋・栄の名古屋テレビ塔。アナログ放送の終了で収益の柱のひとつを失い、自力改修への道のりは平たんではないが、長年親しまれてきた「街のシンボル」を再生させ、栄の魅力アップにつなげたい考えだ。
        〔10/26付中日新聞より〕

※2012年に電波塔としての役割を終えた名古屋テレビ塔。完成から60年が経っているとなると、建て替えとか補強などの問題が出てくるようです。私には、テレビ塔の無い久屋大通り公園は想像が出来ません。大澤社長、大変な時期の社長です。奮闘を期待しますが、お体も充分お気をつけ下さいませ。

熱田の歴史 歌舞で紹介

 「熱田神宮を中心に東海道随一の宿場町、名古屋の海の玄関口として栄えた熱田に、にぎわいを取り戻したい」。そう語るのは、名古屋市熱田区芸能連盟の会長代行・草薙典龍(本名・笠井典秀)さん(76)=同区神宮。本業の社会保険労務士の傍ら、若いころから武芸、吟詠で鳴らした文武両道の人だ。
 近年は、熱田の街おこし事業の顔役として数々の役職を務める。そんな多忙な草薙さんのもう1つの顔が同連盟合同公演の脚本・演出家。今年は11月12日、熱田文化小劇場で催す区制80周年記念の「郷土愛 麗しきまち あつた」を手掛ける。「30年前、一度きりのつもりで引き受けたら大受け。以来、毎年恒例になりました」
 筝曲や詩舞、民謡など九社中の歌舞、演奏でつづる歴史絵巻で「郷土の歴史紹介とリンクしての芸づくしです。入場無料、空くじなしの抽選会もあります」と来場を呼びかける。
      〔11/04付中日新聞・夕刊より〕

※中日新聞の夕刊に 《ゆうかんさろん》 というページがあります。その時々の話題の人物が紹介されます。上半身の写真とともに今回紹介された笠井さん、ご住所は熱田という事は分かっていましたが、まさか熱田の街おこしに関わった役職を務めているとは知らずにいました。アッ、笠井さん今年は3月にご利用していただいて以来お顔を見ていません...
ご来店お待ちしています!!

平和の俳句

 −平和の俳句−

    “とんぼ来た 平和な国を 探し当て”

            橋爪 朋子(63) 三重県桑名市
   
   〔選者=黒田 杏子〕
    目の前にやってきてくれたとんぼ。どこからとんできたのだろう。平和な国を探し当て。ここをよむととてもホッとします。 
      2017.11.6

※「平和の俳句」=読者から投句された俳句が中日新聞に毎日掲載されています。橋爪さんのこの句はさらり詠んでいてとてもほのぼのします。平和そのものです。

伴大納言絵詞を復元

 大和絵作家の森村宜高さん(74)=東区東桜二=が手掛けた、国宝の絵巻「伴大納言絵詞」の復元作品を紹介する「森村宜高やまと絵復元展」が東区東桜一の森村記念館で開かれている。26日まで。
 5年かけて上中下巻を複製し、欠損部分は加筆、修正して完成させた。今展では中巻を名古屋で初めて公開。復元は同時代の書物や紙の劣化具合をヒントに進めてきた。
 「伴大納言絵詞」は平安時代末期に作られた。藤原家の権力が絶頂に達していた9世紀が舞台とされる。中巻では、応天門に火をつけた罪で、藤原氏の画策によって流刑に処される伴大納言が描かれている。
 森村さんは「一般庶民のはつらつとした表情とともに、この時代の権力闘争にも注目してほしい」と話した。
 会場では、森村さんが開く大和絵教室の「稲光画塾日本画展」と、森村さんの描いた色紙のチャリティ即売会も開かれている。収益は、市内の病院などに寄付される。入館料は喫茶付き500円。  (板倉陽佑)
   〔11/25付中日新聞・市民版より〕
※森村先生、先回ご利用いただいた時に「展示会」のパンフレットを置いていかれました。何人かのお客様がパンフレットをお持ち帰りになりました。日程を見ると24(金)25(土)26(日)の3日間です。24日に観に行こうと決めました。
 用事を済まし時計を見ると4時30分です。急いで会場に向かいました。NHKビルの北側とだけ頭に入れその辺りをウロウロ。10分前にようやく記念館を見つけました。2階にあがると森村先生の作品「ヤマトタケル」の掛け軸が出迎えてくれました。生徒さんの作品も展示してありました。その中に「理容ハル」のお客様の名前を見つけました。階段を降りるとそのお客様=土井さんとバッタリ。応接間でお茶をいただきお話を伺うと美術大学の経歴をお持ちでした。(土井さんは元セントラルのお客様、安江の担当。大須演芸場のオーナーです。)

無差別殺傷事件を想定 中日ビルで対応訓練

 中署と中日ビルを管理する中部日本ビルディングは24日、中区栄の同ビルで、無差別殺傷事件に対応した訓練を行った。危険時の警備員による通報や買い物客の避難などの流れを確認する狙い。
 訓練では、薬物中毒が疑われる男が突然、「俺をばかにしているのか」と叫びながら、通行人の女性2人の腹部や背中を刺した。警備員がすぐさま駆け付け、ビルの防災センターを通じて110番。警棒で威嚇しながら「ナイフを置け」と警察官が来るまで時間を稼ぎながら被害者を救助した。到着した警察官は4人で男を取り囲み、ナイフをたたき落として取り押さえた。
 訓練を終えて、三宅正嘉地域課長は「訓練でできないことは本番でもできない。事前に模擬対応をすることで意識付けし、継続的に危機管理対応を磨いてほしい」と話した。
   〔11/25付中日新聞・市民版より〕
※10月だったか、実は中日ビルで「刃物を持った男がビル内に侵入した」との情報で、警察の指示で入館者全員がビルの外に避難した事がありました。その男は自宅で確保され騒ぎは収まりましたが、全く迷惑な事でした。いつ、この日の訓練のような状況が起こるかもしれません。想定しておく事は必要でしょう。(残念ながら...)

み乃亀 名古屋せんべい

 おかきやあられの製造・販売を手掛ける「み乃亀=名古屋市千種区内山」は1937年の創業以来、シニア層を中心に多くの人から愛されてきた老舗。半数以上の商品は自社工場で企画から製造まで手掛けている。業界内ではオートメーション化が進んでいるが、手作りの工程が多いのが特徴だ。
 約30年前から名古屋市の土産商品として販売している「名古屋せんべい」もその一つ。1年ほど前、パッケージをゴールド色に刷新した。シニア層ばかりでなく若者も商品を手に取るようになり、顧客の幅が広がったという。
 味は「名古屋たまり」と「八丁味噌」の2種類。「名古屋たまり」は愛知県産のたまりしょうゆと煮干しやかつお節などのだし汁のブレンドを使用。「八丁味噌」はカクキュー(岡崎市)が製造する八丁みそにだし汁などを加えている。
 うるち米の薄めの生地を10分程度焼いた後すぐに、たれをかけ、のりをトッピングし乾燥させることで、パリっとした食感を実現している。
 価格は1080円(税込み)。本店のほか百貨店や駅の土産売り場などで販売している。
     〔11/27付中部経済新聞より〕
※み乃亀の樋田社長はとてもオシャレです。いつもシャキッとしてみえます。
 商品の材料、製造工程にとてもこだわりを持ってみえます。
 ずうっと以前、秋田犬の愛犬家としても有名な方でした。

荒木選手が防犯PR

 県警による年末の特別警戒が一日に始まり、中署は一日警察署長に中日ドラゴンズの荒木雅博選手(40)を委嘱し、栄の中日ビルで防犯イベントを催した。夜には、警察官や防犯ボランティアによる見回り活動を行った。
 荒木選手はトークショーで「愛車にはハンドルロックや警報機を付けているほか、車内に大事な物は置かないようにしている」と語り、自動車盗に遭わないための対処法を説明。訪れたファンら200人に空き巣など防犯対策を掲載したチラシなどのグッズを手渡した。
 夜の特別警戒の出発式には、河村たかし市長や立花貞司県公安委員長、中署員、区内の防犯ボランティアら300人が参加。栄の地下街などを練り歩いた。  (石井宏樹)
     〔12/2付中日新聞・市民版より〕
※たまたまエレヴェターを1Fで降りるとロビーは人でいっぱいでした。ちょうど“トークショー”が始まるところでした。私は急ぎの用があったので足を止める事は出来ずに通り過ぎました。残念!!
 2日付の中日スポーツはデカデカと取り上げていました。それによると、一日署長として年末の防犯に「盗んでいいのは塁だけ」と名言を残しました。そして新人王の京田には「GG賞を奪え!!」とハッパをかけたそうです。来年の荒木は選手兼コーチです。両方に期待しましょう。

名古屋J1復帰

 サッカーJリーグ2部(J2)の名古屋グランパスは3日、愛知県豊田市の豊田スタジアムで行われたJ1昇格プレーオフ決勝で、アビスパ福岡と 0−0 で引き分け、同点の場合はリーグ戦上位を勝者とする規定により、1年でのJ1復帰を決めた。
 名古屋は昨季J1 16位に終わり降格。今季は1993年のJリーグ以来初めてJ2で戦った。リーグ戦を3位で終え、2位までの自動昇格は逃がしたが、3〜6位によるプレーオフに進出。準決勝はジェフ千葉を 4−2 で下した。リーグ4位の福岡との対戦となった決勝では、得点こそ奪えなかったが、約3万8千人で埋まったスタンドの後押しを受け、福岡にゴールを許さなかった。
      〔12/4付中日新聞より〕 

丸栄閉店 来年6月にも

 名古屋・栄にある老舗百貨店の丸栄が、来年夏に閉店することが分かった。早ければ6月末にも店を閉じ、建物の解体に入る。親会社の興和(名古屋市)は2020年をめどに、跡地に旧来の百貨店形態ではない新たな商業施設をオープンする方針。百貨店が小売りの中心だった時代は松坂屋、名古屋三越、名鉄百貨店とともに「4M」と言われた百貨店の一角が姿を消す。
 興和は将来的に、丸栄と周辺に所有するビルを含めた一帯で事業費2,000億円規模の再開発を計画。丸栄の跡地にできる商業施設は暫定的な位置づけとみられる。
   〔12/14付中日新聞より〕
※この記事の見出しを見てビックリです。まだつい最近、親会社の興和が「丸栄の閉店の予定」と発表したばかり。それがもう、来年にも閉店するとの事。話が早い。
 中日ビルの閉店は2019年1月末。あと1年と1ヶ月あります。

名古屋城に二重の虹

 11日午後、通り雨がすぎた名古屋市西区を歩いていると携帯電話で写真を撮っている女性が「虹がきれいよ!」。振り返ると名古屋城天守閣の上空に二重の虹がくっきり。私も夢中でシャッターを押した。出ていたのはほんの2〜3分。真ん中から薄消えてしまい、はかない夢を見たようだった。
     〔12/12付中日スポーツより〕

※11日3時直前に、栄地下街のクリスタル広場から地上のMUFJ銀行に両替のために階段を上がりました。すると外は思いがけなく雨が...走って銀行に。両替をすませて一歩外に出たところで私は「ウワッ、虹!」と思わず叫んでしまいました。雨は止んでいて、真正面に今まで見た事が無いデッカイ虹が見えたのです。スマホで写真を撮りました。それは絵に描いたような虹で両端もくっきり見えました。明治安田生命ビルと中日ビルの間の広小路通りの先、東新町辺りからくっきりと右端が見えました。写真を撮り終えると虹の左半分がもう消えていました。きれいな自然現象には心が揺り動ごかされます。

宮川大助さん

 東急ホテルから「宮川さんの予約」の電話が入りました。宮川さん?といえば“大助・花子”の??と思いをめぐらせていると、キャップをかぶり、ステッキを2本持った大助さんが入ってみえました。キャップには「上りは根性・下りは度胸」の文字がありました。
 ヘァスタイルは以前とは違って、回りはバリカンで短くカットしたスポーツ刈りでした。イスにご案内した後「紫綬褒章受賞おめでとうございます」とお祝いの挨拶を。担当した猿木とはずい分と会話がはずんでいました。その中で「中日劇場に10年以上来ているけど、このビルに理容店があるの知らんかったワ」と。中日劇場は来年の3月閉館になるので毎年、12月に公演される「よしもと爆笑公演」はおしまいになってしまいましたが、名古屋にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
〔12/13〕

寂聴さん不戦の思い

 −平和の俳句−
 《冬すみれ 排除の文字は 読めませぬ》
題材は、今年10月の総選挙を巡る小池百合子・東京都知事の発言。当時、希望の党の代表として、公認希望者の一部を「排除いたします」と断言したことを踏まえ、今の政治と社会のあり方を問いかける。
  〔12/24付中日新聞より〕

※記事は「『平和の俳句』って、詠み手の中から自然に湧き上がるものじゃないでしょうか」という寂聴さんの言葉で締めくくっています。
 私は俳句の事はよく分かりません。が、二度だけそのような気持ちになり投句しました。モチロン掲載はありませんでした。
  《夕空に オレンジ色の 飛行機雲》
※元日に半田のお寺でお墓参りを済ませて、自宅近くの41号線の庄内川の新・川中橋を通っていた時、何気なく後ろを振り返ると、西南の空にオレンジ色の飛行機雲が見えました。初めての経験でした。
 小学生の時、青空に白い飛行機雲を見ていたら、向かいの魚屋さんのおばさんが「今の子は飛行機が飛んで来ても平気なんだねぇ」とつぶやいたのを覚えています。戦時中は隠れないといけなかったからです。
 単純な俳句です。
  
    《カミソリの 肌に触れるや 寝息立つ》
※刃物を顔に当てているのに眠ってくれる。「お客様に信頼されているんだ」と思います。平和そのものです。

※「平和の俳句」は年内で掲載を終えるとの事です。残念!!

このサイトはフラッシュコンテンツを掲載しております。
ご覧になるためにはFlash Playerが必要です。

Copyright©2003 Riyou haru All rights reserved.